Moriyuki Takada Profile

Personal Resume
From 1953~2017

Vernal Days
白球を追いかけダイヤモンドを駆け巡った青春時代。

リダーシップのあり方・相手を尊重する心を学び、
素晴らしい指導者に出会う。

田辺第一小学校時代

野球に出会い、スポーツの楽しさ、素晴らしさを知った小学生時代。キャプテンに選ばれ、リーダーシップを体感。少年ながらそのあり方を学ぶ。仲間を明るく激励し、組織を牽引する行動力はこの頃に養われた。


東陽中学校時代

当時、地域最強と言われた東陽中学野球部をキャプテンとしてまとめ上げ、チームを県大会へと導く。人数も多く個性派ぞろいの野球部にあって、日々苦脳の連続だったが、個々の能力・個性を尊重することの大切さを学ぶ。 この中学時代の貴重な体験は、教員時代、生徒のオンリーワンを尊重するという 自らの教育理念に大きな影響を与えることとなる。

田辺高校時代

高校野球部でもキャプテンを務める。ポジションは扇の要・キャッチャー兼外野手。甲子園を目指すも1回戦で敗退。応援してくれたスタンドに深々と挨拶をした時、 長い間、大好きな野球を続けてこれたのは、多くの人の支えがあったからだと、いっぱいの感謝の気持に包まれる。野球人生にピリオドを打つ決心をするも、小・中・高と素晴らしい指導者に巡り合えた感動から、教員になりたいという新しい夢が芽生え始める。

Educator Days
教員・教育委員会・教頭・校長 現職時代。

生徒とふれあい、地域の皆様に支えられ、
社会貢献への強い思いを抱き続ける。




上秋津中学校・教員時代

社会科を教えながら、野球部の顧問を務め、熱血指導でチームを地域屈指の強豪チームに育てあげる。伝統的に優秀な長距離ランナーが誕生する上秋津中学 において、冬場は駅伝の指導も兼任する。このことがキッカケとなり、田辺・西牟婁、県の陸上関係者との交流が活発になってゆく。地域の青少年の心身育成に熱い情熱を持った方々との出会いが、 後に「総合型地域スポーツクラブ」の誕生に大きな影響を与えることとなる。


東部小学校・校長時代

中学校のみでなく、小学校に赴任したことは貴重な体験となる。日々が新たな発見と感動の連続。「子供が元気な学校はその地域も元気!」 ということを再認識させられる。 定年退職を数年後に控え、生涯、青少年育成に携わり、社会貢献を続けていきたいとの思いが更に強固なものになり始める。


定 年 退 職

42年間、教育者としての職務を全うし、定年退職を向える。これを機に一念発起。これからの田辺市の未来の為に、地域の皆さんのお役に立ち喜んで頂けるよう、永年抱いてきた熱い思いを具体的に行動に移すことを決意する。誠実と行動力をモットーに!2016年後援会を発足させる。

City Council Days
2017年4月 田辺市会議員に選出される。

下記・動画 「所信表明」を議員としての生涯の活動理念とし、
初心を忘れず決して驕ることなく地域の未来への貢献を誓う。





(紀伊民報より)

初当選・地元紙掲載(2017/4/24)

当選の歓喜の様子が地元新聞に掲載される。しかし、同紙の選挙結果に対する論評の中で、投票率が過去最低と報道されていたことに危機感を抱く。 市民の皆さまの市政への失望感・期待感の希薄さが想像以上であることを、議員人生の第1歩目に痛烈に思い知らされる。



所信表明(2017/4/16)

生まれも育ちも田辺市。地域に勤務すること42年。田辺市が大好き過ぎる熱い思いを、政治活動の第一声・所信表明として高らかに宣言させて頂きました。この「I LOVE TANABE」の精神を生涯不変のものとし、田辺市の元気な未来のために全霊を込めて尽力致します!



初当選・万歳三唱(2017/4/23)

多くの方からご指示を頂き、トップ当選を果たす。"指示"を"信任"に変えることの重責を深く胸に刻み、当選に浮かれることなく、翌日から目標に向かって動き始める。

後援会事務所


田辺市朝日ヶ15-21
TEL :0739-34-270
FAX:0739-34-2704

info@m-takada.net

後援会について

access&map


お気軽にお立寄り下さい!



<写真でもご確認下さい>

お問合せ

ご意見・お問合せはこちらから!
お気軽にどうぞ!

Contact!